左官工事

防水工事一式・左官工事業 片桐建設工業 大阪府知事許可 第86559号

TEL:072-654-2210 営業時間 8:00〜19:00 定休日 日曜

施工実績 業務内容 会社案内 お問い合わせ

業務内容

HOME > 業務内容 : 左官工事

業務内容のカテゴリーを選んでください。

左官工事

左官工事とは

左官とは、土やセメントモルタルなどの素材を塗ったり、土壁や漆喰仕上げなどの最終的な表面仕上げを施す技術職人のことを指します。左官工事は建物の仕上げとして重要な役割を持っています。建物の耐久性や快適性を高め、壁を美しく仕上げる装飾的な役割も果たしています。

近年、漆喰・珪藻土・土などの自然素材を使用した壁が見直されると共に、手仕事による仕上げの多様性や味わいを持つ、左官仕上げの良さが再認識されてきています。特に「和モダン」と呼ばれる、日本らしさと欧米のモダンスタイルを併せ持つ建築には、多彩な左官仕上げが使われることが多いです。




外壁への左官工事

外壁に破損やクラック(ヒビ割れ)が発生している場合は、症状を調べ状態に応じた対処法をご提案いたします。
外壁の破損をそのままにしておくと、浸水して腐食やさらなる劣化を招きます。また、屋内にまで浸水すると、大切な家財道具が水に塗れてしまうこともあります。

そうならないためにも、早めの対処が必要ですので、まずは気軽にご連絡ください。当社は熟練の職人が、下地から仕上げまで妥協せず丁寧に施工するので、美しい状態でお引き渡しいたします。
外壁だけでなく、屋根のお困りごともご相談ください。漆喰・雨漏り防止・修理・瓦止めなど、お客様の屋根の状態に合わせた施工を提案いたします。


内壁への左官工事

内壁や天井などに漆喰や珪藻土を使用することで、独特の質感や温もりが感じられるようになります。部分的にシミや破損があった場合でも、補修が比較的に簡単です。
他にも結露の防止、カビやダニの発生を軽減、消臭効果、シックハウス対策、燃えにくいなどのメリットも多くあります。

素材は珪藻土(けいそうど)、聚楽(じゅらく)、綿壁などがあり、それぞれの特長を最大限に活かせる施工を提案します。
提案の際には、なぜその素材が良いのかを分かりやすく説明します。



前のページに戻る
ページの先頭へ
防水工事一式・左官工事業 片桐建設工業 大阪府知事許可 第86559号 TEL:072-654-2210 営業時間 8:00〜19:00 定休日 日曜